全館空調GREEN ARIAとは

便利に、お得に、快適に。
全館空調でワンランク上の住環境を。

四季を通じてヒートショックの少ない快適な室内環境で過ごせます。

室内を快適な温度に保ち、
さらに直風による冷えすぎも解消。
暑さへのストレスもなく、
より過ごしやすい夏へ。

熱のこもりやすい
キッチンも涼しく。
調理中も汗を
かかずに快適。

お部屋を適温に保ち、
熱中症を予防。
ペットの
お留守番にも安心。

冷風や強い風が
直接あたらないから
小さなお子さまにも
やさしい。

家中ムラなく暖める。
冬をより元気に過ごせる
心地よさの秘訣です。

温度ムラを抑え、
どこでも快適。
ヒートショックが
心配な方も安心。

朝晩の温度差も
少ないから、
寒い冬の朝も
スッキリお目覚め。

適温・適湿な空間は、
洗濯物の部屋干し
にも最適。

■全館空調システムの構成

夏でも冬でも、家中どこにいても心地良さを実感できるトヨタウッドユーホームの全館空調システム。
家の中の温度差を抑え、ヒートショックを軽減。一年を通して健康に暮らせる、快適な空気環境を実現します。
また、効率的な運転によってエネルギーのムダを減らし、冷暖房費を削減します。


※地域や商品、プラン、屋根形状等の条件によって設置できない場合があります。

  • 断熱性能

資料請求はこちら

GREEN ARIAで快適生活

室内温度環境を安心・快適に
グレードUPしませんか?

■全館空調のメリット

●24時間、365日、いつでもどこでも家じゅうを快適な温度環境に保ちます。

●屋内での「ヒートショック」が大幅に軽減できますので、特に高齢の方々には住みやすい「温度のバリアフリー化」が可能です。

●個別エアコンのように壁面から出っ張らないのでインテリア性が高く、すっきりとした内装が可能です。

●かしこいシステム機能により、階毎の運転やスケジュール運転など、それぞれの家族のライフスタイルに合わせた使い方が可能です。

●システムと同時設定の熱交換換気システムにより室内の汚れた空気を屋外に排出し、屋外からはホコリ等を除いた新鮮な空気を熱交換して室内に取り入れ、家全体を清潔で健康的に。

■花粉やホコリの多い日も、家の中はキレイな空気に。

●キレイな空気をつねに供給するために、
屋外に浮遊している塵やホコリなどを除去するフィルターを搭載。花粉の多い季節も、家の中はキレイな空気に満たされます。

空気中の粒子の種類と大きさ

家族イメージ

「スケジュール運転」で
暮らし方に合わせた運転が可能

スケジュール運転例(夏期)

  • ※上記はスケジュール運転設定時[おはよう設定:6-10時26℃、おでかけ設定:10-17時28℃、おかえり設定:17-23時26℃、
    おやすみ設定:23-6時28℃]の室温のイメージであり、実際の室温は気象条件・建物条件により異なります。
インテリア・エクステリアもすっきり

インテリア・エクステリアもすっきり

資料請求はこちら

■家の温度差ができるだけ
少ない住空間に。

寒い季節になると世間を騒がせる「ヒートショック」をご存知ですか?
暖かく暖房された部屋から寒い脱衣所へ、そこから熱い湯船に…
こうした急激な温度の変化が血圧の変動を引き起こし、さらには失神や
不整脈などの命に関わる被害をもたらす「日常に潜む危険」です。
特に高齢者へのリスクは無視できず、冬場は特に注意が必要です。
家の中の温度差をできるだけ少なくすることが、
こうしたリスクを将来にわたって減らすことにつながります。

就寝時空調しない場合の温度差イメージ

■いつでもどこでも、
家じゅうが快適温度。

吹出口から出る空気が家じゅうを循環し、リビングやダイニング、寝室、キッチンはもちろん、玄関や廊下、洗面所まで家全体を
冷暖房!家のすみずみまで“ちょうどいい”温度を実現します。

グリーンアリアⅡと一般的なルームエアコンの室温分布図の比較(冬の暖房時) グリーンアリアⅡと一般的なルームエアコンの室温分布図の比較(冬の暖房時) グリーンアリアⅡと一般的なルームエアコンの室温分布図の比較(冬の暖房時)

温度カラースケール

●建物/施工面積:1階73.28㎡、2階69.97㎡、延床面積:1階69.97㎡、2階62.52㎡(吹抜面積7.45㎡)、2×6工法、断熱性能はUa値:0.6相当 ●暖房運転を想定し、外気温度を0℃、全館空調、ルームエアコンともに0時~6時:18℃、その他:22℃設定、24時間経過したときの計算例。このため、品質を保証するものではありません。●機器の能力は、全館空調は小屋裏タイプ4馬力相当(暖房定格能力:11.2kW)で、ルームエアコンについては1階に3台と2階に3台の5馬力相当(暖房定格能力:2.2kW(6畳用)×6台:13.2kW)とした。 ●ルームエアコンについては実際の生活で想定されるON・OFFを行った。 ●本シミュレーションでは、㈱アドバンスドナレッジ研究所のFlowDesignerを使用。 ●排気は局所ファン運転状態でのシミュレーション結果。

■フロアごとの設定で
快適な室内環境を。

グリーンアリアでは、室内の温度を各階(2階建ての場合は2か所)のセンサーで検知し、それぞれの階での最適な温度へ誘導。
上下階の温度差による不快感を低減します。

快適な室内環境イメージ

■さらに自由度の高い
快適性をプラス。

快適な環境といっても、ご家族のお好みやライフスタイル、住宅の日射環境などによって、そのあり方はひとつではありません。
“VAV制御機能”で、さらにエコで快適な環境が実現します。

VAV制御(Variable Air Volume System)

VAVとは空調方式のひとつで、エリアごとに風量を可変させることで、設定した温度に調整する制御のことです。

※延床面積に応じ、30坪台2個、40坪台3個、50坪台4個。

■ 温度差の少ない環境を実現

温度差の少ない環境を実現

立地や方位によって変化する日射環境によって生じる
室温の差をVAVによって低減し、家全体の室温を保ちます。

■ お好みの温度設定が可能

お好みの温度設定が可能

ご家族それぞれのお好みやシチュエーションに合わせた
エリアごとの個別温度設定が可能です。

※1該当エリアの送風量を最小にする設定です。

資料請求はこちら

全館空調のこと Q&A

全館空調のこと、便利な使い方、
メンテナンスについてなど、
気になるご質問にお答えします。

全館空調の導入費用が心配です。
ルームエアコンと実際のコスト差は、ご心配されるほどではありません。なぜなら、すべての居室に設置する場合、 4LDKの間取りでは、ルームエアコンが5〜6台が必要です。さらに床暖房などを併用すると、その分多くのコストがかかってしまいます。しかも個別の部屋ごとに冷暖房するのでは、家全体の温度差を解消することはできませんが、グリーンアリアなら家じゅういつでもどこでも快適です。
1年中連続運転していないといけないの?
春や秋は空調運転を止めても大丈夫。ただし、換気システムについては常時運転をお願いします。全館空調を含め空調機器は、運転開始時(設定温度と室内の温度差が大きいとき)に多くの電力を使います。グリーンアリアも、設定温度になるまでに電力を最も使用し、設定温度になるとその室内温度を少ない消費電力でキープします。
ホコリが溜まりにくいって本当?
室内に浮遊している塵やホコリは、吹出口から供給される緩やかな空気の流れによって、最終的にフィルターでキャッチされます。そのため、部屋の棚やタンスの上などにホコリが溜まりにくく、お掃除も簡単です。
全館空調の家って窓を開けてもいいの?
春や秋の気候のよい時期は、空調機をOFFにして窓を開けることも可能です。グリーンアリアは、塵やホコリ、花粉などを除去した上で家全体にキレイな空気を循環させていますので、汚れが気になる場合、窓を閉めるようにしてください。
全館空調を入れると乾燥しませんか?
冬は空気が乾燥気味になる場合がありますので、市販のポータブル加湿器の設置をお薦めします。
機器の運転音はうるさくないですか?
運転音は生じます。しかし、設計段階で機械室の位置などを寝室の隣に配置しないなどの配慮をします。
故障したときの保証はどうなっているの?
一般的な空調(個別エアコン)の保証は概ね1〜2年の物が多いですが、グリーンアリアは10年間の長期保証ですので、安心してご利用いただけます。

資料請求はこちら