5

古民家スタイルの平屋

5 古民家スタイルの平屋

CRASTY
床面積が最大23.5坪と制限のある敷地に敢えて平屋を計画。
ご夫婦が年齢を重ねても「楽に」「楽しく」暮らせるようにと設計を進めました。
お施主様からのリクエストは「古家具を使ったインテリアテイスト」。
古民家家具の実物をお施主様と一緒に見て回り、イメージを共有。
「古民家スタイルを採り入れてモダンに暮らす家」をテーマに据えて、細部まで拘り、お施主様の理想を実現しました。

担当設計士/田代 良子

2級建築士
トヨタウッドユーホーム小山支店

画像をクリックすると拡大表示します。

吟味した素材で仕上げた
和モダンな外観

古民家嗜好のお施主様に、
・漆喰調の純白の外壁
・黒と白のモノトーンで構成された素材
・深岩石、竹、楓などの表情豊かな素材
を提案。
また、緩勾配の大きな屋根で水平ラインを強調し、落ち着きのある佇まいを演出しています。

主役を引き立てる工夫を凝らしたLDK

古家具をインテリアの主役に据えて、趣きのある室内に。
古物の魅力を最大限に引き出すため、対面式キッチンの背面にある食器棚は大型の引き戸で目立たない用にしました。

勾配天井で空間に変化と広がりをプラス

平屋のワンルームスタイルは空間が単調になりがち。
リビング部分に勾配天井を採用し、空間に変化と広がりをもたせました。

風情を愉しむ暮らし

初期は内障子を検討していましたが、古家具・古民家スタイルを生かすために、柿渋色の木製井桁格子戸を採用。
和の風情が染みわたる空間に仕上がりました。
遮光は電動シャッターで実現しています。

平屋の良さを生かした生活動線

寝室~クローゼット~洗面室と続く動線計画。
各所を広く、余裕をもたせることで、単純明快な平屋の良さが強調され、且つ暮らしがスムーズに繋がるよう設計しました。
玄関を通り、キッチン~リビングと回遊することもできます。
  • 所在地

    栃木県宇都宮市

  • 商品規格

    CRASTY

  • 工法

    2×4工法

  • 敷地面積

    201.10m2

  • 延床面積

    77.84m2