11

ライフスタイルデザイン

11 ライフスタイルデザイン

CRASTY
当社の展示場の外観を気に入って下さったお施主様。
展示場をベースに、お施主様の感性に響くプランを練り上げていきました。
斜めに構えた玄関や隠し部屋など、ときにはご要望以上の内容を提案。
もちろん実際の使い勝手や収納配置にも配慮し、プランの熟考を重ねました。
そうして出来上がったのは、ライフスタイルをデザインした住まい。
そこかしこに工夫を凝らした、こだわりが凝縮された邸宅です。

担当設計士/福田 裕美

二級建築士
トヨタウッドユーホーム本社

画像をクリックすると拡大表示します。

際立つ外観デザイン

軒の出を深く設える。
バルコニーを奥まらせる。
造作壁を立ち上げる。
外観に凹凸を敢えて造り出し、独創性のあるデザインに仕立てました。
要所をタイル貼りで仕上げ、重厚感もプラス。
存在感を放つ洗練された建物が完成しました。

プライバシーと動線を確保した玄関

造作壁を立ち上げた上で、玄関を建物に対し斜めに配置することで通りからの視線を遮り、家族のプライバシーを守ります。
玄関からつながるシューズクロークは、自転車や車のタイヤも収納できる広さを確保しました。
シューズクロークで靴を脱いだら、パントリーに荷物を仕舞ってキッチンに辿り着く ― 流れるような動線をプランニング。
物が自然と片付く動線設計で、ご家族のライフスタイルに寄り添います。

意匠性と実用性を兼ね備えたリビング

ご要望のひとつにあった造作のテレビボードは、収納容量が多いタイプを採用。
パントリーも別途設けてあり、収納力のある実用的なリビングとなっています。
エコカラットの壁にニッチを取り付け、家族の記念写真を飾れるちょっとした工夫も。
モノトーンのエコカラットが空間アクセントとなり、リビングの意匠性を高めています。

空間を有効活用した書斎

2Fホールに腰の高さの納戸を設け、その上のスペースをスタンドフロアとして活用。
ホールからは書斎スペースを直接覗けない設計で、仕事や趣味に没頭することができます。
天井を勾配仕上げにして高さを出すことにより、圧迫感を感じさせず、長時間いても苦になりません。

青空を愉しむスカイプロムナード

広い青空の恵みを享受するスカイプロムナード。
タープを掛けてお昼寝をしたり、プールを置いてお子様の喜ぶ顔を眺めたり、ときには友人を呼んでバーベキューを楽しんだり。
誰にも邪魔されない、プライベートバルコニーです。

バルコニーは仕上げに金属防水を施し、メンテンス性を向上。
時を経ても、家族に愛される特別な場所であり続けます。
  • 所在地

    栃木県宇都宮市

  • 商品規格

    CRASTY

  • 工法

    2×6工法

  • 敷地面積

    233.01m2

  • 延床面積

    191.42m2