3

ゆとりを愉しむ家

3 ゆとりを愉しむ家

CRASTY
これから産まれてくるお子様のために、伸び伸びとゆとりある子育てをテーマにした住まいづくり。
繋がる空間レイアウト、広がる開放感。
お子様の健やかな成長を後押しする設計を提案しました。

担当設計士/吉澤 孝行

二級建築士
自然素材を生かしたナチュラルスタイルが得意。

画像をクリックすると拡大表示します。

ゆとりを実現したLDK

リビング、キッチン、ダイニング、和室。
それぞれがゆとりあるスペースを確保しながらも、一体感のある空間を実現しました。
繋がる空間は、家族がどこにいても気配を感じ、コミュニケーションを育みます。

リビングの勾配天井は無垢のレッドシダーで仕上げ、木のぬくもりを家族の空間にプラス。
天井高が高くなることで、開放感も演出しています。

インテリアの主役に、存在感のあるアイランドキッチンを

奥様こだわりの回遊できるアイランド型フルフラットキッチン。
LDKの中心に据えることで、存在感も際立ちます。
また、床や建具より濃い色合いのキッチンにすることで、室内にアクセントを添えました。

写真からわかるように、各スペースがシームレスに繋がっているため、家族のコミュニケーションが取りやすい間取りとなっています。

上品さを纏うモダン和室

ご主人様の要望である「モダンスタイル和室」。
黒い天井とダークブラウンの建具で、落ち着ける雰囲気を演出。
表面をウェーブ加工した無垢の杉板を壁面に設え、かっちりとした印象も加えました。
やわらかくも上品な空間。
ご主人様の理想通りの和室に仕上がりました。

「格好良さ」を追求した外観スタイル

「格好いい外観にする」がテーマ。
屋根は4寸の緩勾配にし、リビングの大きな勾配天井の下屋と南側に突き出した2枚の壁で、外観スタイルに特徴を持たせました。

細部に至るまで、お施主様の理想に応える

玄関ポーチから和室前に続くテラス部分にはタイルを敷き、屋根の軒を深くし、奥行きのある空間に仕上げました。
  • 所在地

    栃木県下野市

  • 商品規格

    CRASTY

  • 工法

    2×6工法

  • 敷地面積

    287.62m2

  • 延床面積

    150.51m2