7

Maison préférée.

7 Maison préférée.

CRASTY
Maison préférée. -お気に入りの家-
好きなもの、感性に響くものを設えてつくり上げた家。
大切な家族が、何年、何十年経っても愛着をもって暮らしていける家を目指しました。

お施主様は理想の家のイメージを膨らませ、設計はイメージをカタチに落とし込んでいく。
プランニングがお施主様のイメージにマッチするように、密に打ち合わせを重ねました。
そうして出来上がった邸宅は、お施主様と共に徹底的にこだわり抜いた一邸。
「私たちの理想を叶えてくれて、本当に欲しかった家に辿り着けた」
設計担当として、心に沁み入る謝辞をいただきました。
当社の基本姿勢「徹底対話」で完成した一邸です。

担当設計士/平野 達也

一級建築士
トヨタウッドユーホーム本社

画像をクリックすると拡大表示します。

Harmonie-調和-

アーチ状の入り口を設けたガレージに、屋上テラス。
お施主様のイメージは膨らみました。
間取りとテラスを両立させると片流れの屋根となり、ガレージのアーチと雰囲気がアンマッチとなる可能性が。
やわらかな色合いの外壁にアクセントとしてブラウンを織り交ぜ、また道路に面した窓の上下の配置を揃えつつ、大きく設えることで、建物全体に調和とインパクトをもたらしました。
ガレージのアーチ部分は円の半径にこだわり、様々なパターンで吟味。
理想が決してアンバランスに組み上がることがないよう、調整に調整を加えていきました。

Héritage-継承-

元々のお住まいの外壁に大谷石を使用。
「大谷石の持つ素朴な味わいを家の顔となる場所に残したい。」
訪れる人の目に最初に映るエントランスホールに大谷石を持ってきました。
大谷石の選定には、お施主様と採掘場を訪問。
削り方から仕上げまでを一緒に吟味しました。

耐火性に優れ、消臭効果やマイナスイオンを発生するゼオライト成分を含む大谷石。
思い出を継承しつつ、住まいに快適さをプラスしました。

Famille-家族-

1Fと2Fを繋ぐスペースに、家族が自然と集まるヌックを配置。
ヌックに設置したベンチはリビングに向くようにし、お子様が勉強していても家族と繋がりを感じられるように。
家族で時間を共有し、絆が深まる空間です。

Compatibilité-両立-

リビングスペースは吹き抜けで縦にも広がる大空間を実現。
冷暖房は全館空調を採用し、吹き抜けでも室内全体を隈なく快適な温度に保っています。

リビングの内装建材には石や木などの自然素材をふんだんに使用。
石材からは重厚感を、羽目板からは木の温もりを。
自然素材の持つ特色を融合させ、居心地の良いリビングに仕上げました。

快適性と意匠性を両立したこだわりの空間です。

Ciel-空-

アウトドアリビングとして屋上にテラスを設けました。
一般的に白や灰などの無機質な色合いになりがちなところを、陶器パネルと人工芝パネルで華やかな印象に。
緑の絨毯で空を眺める。
そんなひとときも、家族の大切な思い出になることでしょう。
  • 所在地

    栃木県宇都宮市

  • 商品規格

    CRASTY

  • 工法

    2×6工法